奥井専務のきときと日記
「きときと」は富山弁で「生き生き、元気が良い」と言う意味です。
来客
先月の中国出張から40日たちました。

衝撃的な出会い・気づきにて

「中国」を意識するようになりました。

少しずつ中国語を自己流にて勉強しています。


今日、名古屋から飛び込み営業で弊社に

来社された人は中国人でした。

とても流調な日本語で、名刺を頂くまで

解りませんでした。

私は中国語で「奥井良樹です」

ワシーオウジンリャンスーと挨拶しました。

通じた喜びがとてもうれしかったです。

アンテナをはれば、日本でも会話の練習ができますね。

スポンサーサイト
服装
>>続きを読む
国旗
無題
通称「五星紅旗」とも呼ばれ、赤い地色は共産主義革命を象徴する。大星は中国共産党と人民の団結を、4つの小星はそれぞれ労働者・農民・知識階級・愛国的資本家を表わし、黄色は光明を象徴するそうです。また同時に、大星は中国本土を、4つの小星はそれぞれ満州・モンゴル・ウイグル・チベットを表わすとも言われています。経済学者でもある曾聯松のデザインによるもので、1949年9月に制定されたそうです。

ちなみに日本の国旗は
無題


日本では聖徳太子が遣隋使に託した文書以来、自国を"日出ずる国"とする考え方があり、赤い日の丸は日の出の太陽を象徴する。また紅白は日本の伝統色で、めでたいものとされており、赤は博愛と活力、白は神聖と純潔を意味するとも言われています。
富山から中国人が・・・
今日から始まる

「中国日記」

先週、初めて中国に行きました。

人生感が変わり

たくさんの気づきを

頂きました。

鎖国は良くない。いろんな国をみて

いろんな考え方を学んで

いろいろな行動を起こせる

そんな人になりたいです。

日本語しか話せない日本人ではなくて

まずは中国語を話せる日本人を目指します。